鳩の対策、駆除・退治、撃退、鳩よけの専門業者(ベランダのハト撃退、駆除から糞清掃の総合鳩対策)[施工エリア] :東京・神奈川・埼玉・千葉(一部地域除く)

ハト対策の失敗例

 適切で完全な方法を取らないと効果が無い場合も ・・・  ハトの執念はスゴイです。



↑擬似鳥や目玉、磁石などの鳩よけグッズに2万円近く費やし、全く効果が無かったケース




↑ネットを設置したが隙間があり、ベランダの中に鳩が入り逆に外に出られなくなっているケース




↑緑色の防球ネットをアンカー打で設置したが、自重で上に隙間が空き鳩が入っているケース




↑外壁の梁に特殊磁石入りの防鳥ワイヤーを設置したが、鳩が慣れてしまい効果が無いケース



★ 市販の目玉風船や磁石、臭い製品はハトが慣れてしまう可能性が高いです。
★ワイヤーやプロテクターの上にも物理的にハトは止まれます。〔巣を作っているなど〕 ハトの意志が強い場合にはワイヤーや剣山の上にも停まろうとします。
★ほんの数センチの隙間でもハトは賢く侵入することがあります。 防鳥ネットに隙間は禁物です。
※上記の例は全く効果が無いという訳ではありません。 鳩害のケースによっては有効な場合もあります。

2010年05月24日(Mon) 12:55

このページのトップへ △