鳩の対策、駆除・退治、撃退、鳩よけの専門業者(ベランダのハト撃退、駆除から糞清掃の総合鳩対策)[施工エリア] :東京・神奈川・埼玉・千葉(一部地域除く)

〜施工法と効果のイメージ〜






■施工法と効果の要因(施工法選択の要素)
・ハトの個体数、執着度、糞の量、営巣箇所の有無、食糧条件(餌場、餌付け、植物等)、公園の有無等
・入り組んだ構造か、雨風凌げる構造か、狭く隠れる場所か、適度な温度環境か(エアコン室外機)等
・鳩害解決の目的は「停止防止対策」か「侵入防止対策」か、停まって困る場所と良い場所を限定できるか等
・おおよその効果を期待するか、100パーセントの効果を期待するか等
・ハト害対策にどれだけ予算をかけられるか等

■鳩の習性と施工要因(一部の要因です)
・目的の場所に行くために飛来した場合、まず「端部」に停まる習性があります。
・目的の場所に行くために、同じ高さの隣りのビルや電線など「付近に様子を伺う場所」があります。
・毎日の動き(動線)のなかで「特定の位置、同じ場所が好き」です。
・営巣や寝床にする場所は、入り組んだ複雑な場所(バルコニーや室外機の下、物置の裏など)が好きです。
・1箇所を施工すると(同じ条件であれば)、ハト害は付近の同じ場所に移る場合があります。
・建物に突然ハトが住み着いた場合、原因の除去が重要です。(餌付けや営巣箇所、住み着いたベランダなど)
・糞を放置しておくと、糞がハトを呼び、鳩害の進行を早めます。(糞の量と鳩の執着度は比例する傾向があります)

■各施工法の効果はあくまで目安としてお考え下さい。
■施工箇所の構造や周辺環境によって対策法に対する効果が変わってきます。上記、「施工法と効果の要因」に関係します。
■施工後の鳩の動きは予測になります。住み着いた箇所を施工する事により「鳩の飛来の目的」が変化しますので、複雑な条件が絡み、鳩が完全にいなくなる場合もあれば、違う場所に鳩が移動する場合もございます。
■忌避剤は殺鼠剤と違い「鳩を殺さない成分」が法的にも前提となります。鳩は忌避剤により死にませんので、施工箇所への執着度が非常に高い場合、一旦追い払っても「停まろう」「入ろう」という行動を再度試みる事があります。この行動の頻度にも「忌避剤の持続期間」との因果関係があります。

2010年05月24日(Mon) 12:55

このページのトップへ △

ハトを甘くみてはいけません…

ハトという鳥は古くは人に飼われていた家禽(カキン)の生き物で、犬や猫と同じように人の生活と密着しています。
餌場や寝床も常に人間の生活エリアの近くにあり、人間社会と鳩社会は一心同体の関係にあるのかもしれません。

そんな鳩の生活も人間にとっては迷惑なことも多く、糞を所かまわずし放題・・・が鳩害、糞害につながっているようです。

「たかが鳩にそんなにお金を掛けたくない・・・」、「鳩くらいで・・・」というお話しをよく耳にします。
昔はCDをベランダにぶら下げておくだけでハトが来なくなったケースもあったようで、鳩を追っ払う事を安易にお考えの方もいるようです。

しかし、「ハトを甘くみてはいけません・・・」

ハトは自分のテリトリーと思った場所への執着心が強く、必ず同じ場所に帰ってくる帰省本能も高い鳥です。
ハトは目的の場所に行こうとする「意思」があると、意地でも入ろうとします。停まろうとします。巣を作ろうとします。

そんな執着度の高いハトの現状を、日々の現場の中で思わずシャッターを押してしまったケースでご紹介します。

ハト糞をベランダに放置して2年以上経ったそうです。
ある時期からは怖くてベランダの窓を開けられないで今日に至ってしまいました。
ハトにとっては「我が家」なのですが・・・

郊外のある物件に行きました。
開放廊下の手摺りに「キジバト」が停まっていました。
鳩害で見られるハトの多くはドバトの種類ですので、キジバトの害で見積りに行くのは珍しいケースです。
野鳥・・・という感じでキレイな鳥だとは思います。

施工するベランダから隣のベランダを見ると、なんとネットの中にハトが2羽は入っていました。
ハトは狭い隙間から入ると出口が判らなくなってしまいます。
入った入口を忘れてしまうんですね。
うまく出られればいいのですが、このまま死んでしまうかもしれません。

案の定!
もう1羽、朽ち果てていました。

ハトは1週間水や食べ物を得られないと死んでしまいます。
きっと、入ったネットの隙間から外に出られなくて、そのまま死んでしまったのでしょう。

ハトの好きなベランダの場所、ズバリ「室外機の裏」です。
ベランダの狭くて安全な場所を探すと、この室外機の下や裏がハトの営巣にとって好都合な場所となります。

このにハトが入れなくする方法は、鳩害予防の有効な方法の一つです。

生まれて間もないハトを発見。
まだ黄色毛が抜けきっていないので、恐らく卵からかえって1〜2週間くらいでしょう。
まだ飛べません。

狭い場所を掃除していると、突然ハトがバタバタと飛び立ちました。
もう1羽いました。
いると分かっていても突然飛んでこられると非常にビックリします。
ハトの方もビックリしているに違いありません。

生まれて間もない小さなハトです。(コチラ)
2〜3週間くらいのハトかと思います。
手を出しても飛ぼうとしませんでしたので、まだ飛んだことが無いのかもしれません。

電線にハトが2羽。
よく見られる光景ですが、細い電線に足をかけて、バランスよく止まっています。
防鳥ワイヤーでもハトが停まろうとする意思があると、ワイヤーの上に停まってしまいます。
ハトのバランスは侮れません。

あるベランダにハトが寄ってきていました。
もしかして、エサをあげている? のかもしれません。

マンションの1箇所でエサをあげるお部屋があると、ハトが周辺にやってきて「マンション全体がハトの被害にあう」結果に結びつきます。

ハトが飛来する原因を探るのも鳩害可決の為に重要な要素です。

またまた狭い場所にハトさんがいます。
生活していても普通は確認できない場所なので、いつの間にか住み着いてしまったようです。

このハトを追い払ってキレイに掃除しても「帰省本能」によってまた同じ場所に巣を作ろうとしてしまいます。

ベランダにネットを張ったようですが、足元までカバーしてないらしく、残念ながら手摺りの下からハトが自由に出入りしています。

防鳥ネットを張るときは「隙間を開けない」が鉄則です。
特にバルコニーの場合は、手摺りの下から入り込むパターンも多いのでこの場所は完全に塞ぐ必要があります。

ある日、台所の換気扇から糞が垂れてくるとの連絡により、現場に向かいました。
なんと、料理するガスコンロの上の換気扇を覗くと、目を丸くしてハトがこちらを見ているではありませんか。
非常にお気の毒でしたが、換気扇のファンの近くにまでハトが入り込んで巣を作っていました。
(換気扇フードの部分にネットを張り、対策完了! 掃除・消毒は念入りに・・・)

剣山器具の上に枝を重ねておき、巣を作っているケースです。
特に垂直にピンが立っている樹脂製の剣山器具では(停止防止効果が低いため)このような営巣のケースがあります。

このタイプの剣山器具はハトにとっては難なく停まることのできる施工になっています。  ご注意を・・・

駅の広場で鳩害に悩まされている場所に行きました。
ものすごいハトの数です。
原因は、やはりエサをやる人がいる為です。

当然、周辺のビルやマンションにハトの被害が及んでいます。

外壁にハトがくるようになり、道路に糞が落ちて困るとの依頼で参りました。
外壁にハトが来る原因は、外壁についている換気扇(フード)の中にハトが巣を作っているためでした。

ハトが飛来するようになる原因は、「エサ場がある」と「営巣場所がある」の2つが多いです。

ある現場で数十羽のハトが停まっています。
ネットを張ってあるお部屋もあるようですが、隙間が出来ていて効果がないようです。

どうやら、エサをやる方がいるようで建物全体にハトが住み着いてしまったようです。

防鳥ネットを完璧に施工しないと解決が難しい状況です。

剣山の上だろうが、2・3センチほどのサッシのヘリだろうが、平気でハトが停まっているます。
「ハトに意思がある場合は意地でも停まろうとする」ケースです。

命がある限りは多少の障害は乗り越えて目的の場所に行こうとする非常に執念深い鳥です。

以前、見積りで「どのくらい斜めの場所でハトは停まりますか?」と聞かれ、45度くらいの角度なら(下地によるが)停まりますよと答えました。

しかし、この現場を見て見識が変わってしまいました。
右下のハト2羽は、恐らく80度くらいの壁面にピタッと張り付いています。どうしてそんな場所に停まっているのか? ハトに聞いてみたくなります。

マンションの外壁ですが、出窓の上や室外機置き場など、数十羽のハトが飛来しています。

ここまで数と執着度がある現場では、剣山などの停止防止対策ではなく、壁面をネットで覆う「侵入防止対策」で防鳥ネット施工するしか方法がないケースです。
金額的にも剣山よりネットの方が安くあがるパターンです。

まるまる太ったハトを発見!
ある国の料理人から見ると美味しそうなのでしょう。

近づいても逃げないハトだったので人慣れしていると思われ、恐らく人にエサを貰って大きく成長したものと思われます。

マンションの開放廊下です。
人が頻繁に通る場所にもかかわらず、常にハトが停まっている物件です。
ハトが人慣れしている環境があるのと、エサを人からもらえる状況が考えられます。

マンション全体に被害が及んでいて、大掛かりなハト対策を要するケースです。

剣山の上を狙って鳩が停まっていました。

垂直型の樹脂製剣山です。

見ていると暫くこの体勢でしたので、足のツボでも刺激してハトも気持ちがよかったのかもしれません。

本当に狭い隙間を出入りするのが得意な鳥です。
恐らく7・8センチくらいの隙間と思いますが、上手に出入りを繰り返しています。
この部分は「どうせ入れないだろう」と思ってはいけません。
首を突っ込んで体をくねらせて中に入ろうとします。


ハト害は「周辺の鳩の個体数」、「鳩糞の量」、「被害のある場所の形状」、「周辺環境(エサ場など)」を見てハトの執着度や営巣の危険性を判断します。


もちろんハトに直接聞ける訳ではないので「推測」の範囲で対策法を模索します。

ご覧のように、ハトは一旦住み着いてしまうと「完全に追い払う」という方法はありません。
「停まっては困る場所」、「入っては困る場所」を特定して適切な施工法で対処するようになります。

ハトの執念と生態を少しでもご理解頂けると有り難い次第です。

2010年05月24日(Mon) 12:55

このページのトップへ △

〜屋上にテグスを張る対策の実際〜

10年前にくらべ、鳩害対策に関する商品や施工方法はかなり進化したと思います。
昔は目玉風船やカラスの模型をベランダにぶら下げて効果を狙うもので、視覚的作用でハトを寄せ付けないという商品が市販されていました。
 今でもこのような商品はありますが、少なくとも私共のところにご相談に来るお客様については、これら視覚的効果を狙った鳩害対策はまず効果が無いと言っていいでしょう。
 ハトがよく来るようになり、糞をし、住み着くようになってしまった場合、市販の鳥害対策グッズではなかなか解決は難しいと思います。

 少し前のテレビ放送で(某N○K)鳩害を解決する方法が取り上げられ、「マンションの屋上にテグス(釣り糸)を高さ8センチくらいに張ると建物にハトが寄り付かなくなった」という内容でした。
 ハトは建物の高い場所の端部に一旦停まってから、安全を確認して目的の場所に移動する習性があり、屋上の端部にハトが停まりにくいように糸を張れば建物に停まれなくなる→ベランダなどのハトの糞害も解決する! ・・・という論法です。
 私共の見解を述べますと、この方法は「鳩害の初期段階のみに有効」であり、ある程度鳩害が進んだ建物ではハトを建物に寄せ付けないという効果は無いと考えています。
 また、近年建物の高層化が進み、ハトは屋上を経由しなくとも、隣の建物や電線、塔などから直接目的の場所に飛来します(ハトの飛来パターンは周辺の環境や建物の立地条件等によっても左右されます)。
 つまり、多くの建物の場合、屋上のハト対策とベランダのハト対策は切り離して考えるべきと言えます。
では、屋上の端部に糸を張る対策は全く意味が無いかと言うとそうでは無く、(当社の施工では糸ではなく、ステンレスワイヤーを張る防鳥システムですが) ワイヤー(糸)を張ることにより、ハトはワイヤーとは別の場所に停まります。ワイヤーを端部に設置する事により階下へ糞の落下を防止する効果が得られる訳です。
ただし、防鳥ワイヤーは古くからある鳥害対策ですが、原理的にはハトが比較的停まりやすい方法です。
長時間ハトが居座る事は防止できますが、ワイヤーの上にハトはバランスよく停まることもあり、ワイヤーを張ればハトが完全に停まれなくなると思われている方はご注意頂きたいと思います。
後述しますが、ハトがそこに停まりたいと思っているならば、糸があろうが剣山があろうが根気良くアタックしてきます。

 先のテレビ放送以来、当社では「防鳥ワイヤーの工法指定」で、という工事が急増しました。
ワイヤーの設置位置にハトが停まって大量の糞を階下にする事はなくなりました(目的の効果は達成したようです)。
 しかし、テレビで紹介されたようなハトが寄り付かなくなる夢のような効果は無かった事を申し上げておきたいと思います。

最後に、ご自身で屋上に糸(テグス・ワイヤー)を張る場合の注意点を申し上げます。
まず、テグスや釣り糸は紫外線に弱く、1・2年で硬化して切れてしまいますので、径1ミリ以下の細いワイヤーが最適です。
高さは8〜10センチの高さに張りますが、支柱にスプリングを加えてワイヤーを適度に引っ張る構造にします。
スプリングの引っ張り具合は、硬すぎるとハトが難なく停まれてしまいますし、緩すぎるとハトの自重で地面に着いてしまい意味がありません。 ワイヤーも太すぎるとハトの停まる確率が上がります(奥が深いのでここまでにしておきます)。
ベランダなどに「最近ハトが来るようになったなー」と思ったら(鳩害初期段階のうちに)、ハトが停まる手摺りなどにワイヤーを張る対策は有効だと思います(忌避剤を塗る方法もご自分で実施可能です)。
ハトが住み着いてどうしよもなくなる前に手を打つと良いでしょう。

2010年05月24日(Mon) 12:55

このページのトップへ △

ハト対策の失敗例

 適切で完全な方法を取らないと効果が無い場合も ・・・  ハトの執念はスゴイです。



↑擬似鳥や目玉、磁石などの鳩よけグッズに2万円近く費やし、全く効果が無かったケース




↑ネットを設置したが隙間があり、ベランダの中に鳩が入り逆に外に出られなくなっているケース




↑緑色の防球ネットをアンカー打で設置したが、自重で上に隙間が空き鳩が入っているケース




↑外壁の梁に特殊磁石入りの防鳥ワイヤーを設置したが、鳩が慣れてしまい効果が無いケース



★ 市販の目玉風船や磁石、臭い製品はハトが慣れてしまう可能性が高いです。
★ワイヤーやプロテクターの上にも物理的にハトは止まれます。〔巣を作っているなど〕 ハトの意志が強い場合にはワイヤーや剣山の上にも停まろうとします。
★ほんの数センチの隙間でもハトは賢く侵入することがあります。 防鳥ネットに隙間は禁物です。
※上記の例は全く効果が無いという訳ではありません。 鳩害のケースによっては有効な場合もあります。

2010年05月24日(Mon) 12:55

このページのトップへ △

ハト対策のいろいろ

鳩のフン公害から身を守る手段はその目的や効果によっていろいろな方法があります。
鳩の個体差や環境、時期などにより物によって効果も様々で、ごく簡単な方法で鳩が来なくなるケースもあれば防鳥ネット以外ではまったく効果が無いケースもあります。 特に営巣箇所での鳩の執念は物凄いものです。
 
防鳥ネット・鳩よけネット当社提供サービス
防 止 方 法 空間を物理的にネットせ塞ぎ鳩の侵入を防止する方法。鳩の入る隙間は完全に塞ぎ、完全防除。
特    徴  空間への防除効果は完全。当社の鳥害対策用ネットは防球ネットに比べ、はるかに目立たない素材を使用。
設 置 箇 所 ベランダ、建物開口部など

有刺剣山器具(鳩停止防止器具、侵入防止器具)当社提供サービス
防 止 方 法 鳩が停止する場所や隙間などに設置する。
針状・棒状の器具で物理的に停まりずらくする方法。 又は侵入を防止する方法。
特    徴  最も一般的な鳩対策のひとつ。
器具には様々な種類があるが、物により停止防止効果に差。斜め剣山型が主流。
設 置 箇 所 手摺りや軒先、H鋼、梁、機器上部など

電気ショックシステム 当社提供サービス
防 止 方 法 鳩が停止する場所に電流を通す配線を設置し停止を防止する。(電気的衝撃を与える)
電源装置は電池タイプやソーラー型があり。
特    徴  設置箇所に停止させない効果は剣山器具より優れ完全に停まらない。
停止を100%防ぎたい箇所に有効。
設 置 箇 所 屋根・屋上、建物軒先、梁など

防鳥ワイヤー 当社提供サービス
防 止 方 法 一定の間隔に支柱を立て、数センチの高さでワイヤー線を張る方法。
屋上の最端部に設置すると有効。
特    徴  鳥害の初期段階にのみ有効で、ワイヤー上に停まることもある。
テグスや釣り糸では耐用年数が短い。
設 置 箇 所 建物の屋上など

忌 避 剤「ハートジェル」 当社提供サービス
防 止 方 法 鳩の停まる場所に塗布する。鳩の臭覚や五感に作用し近づかせない方法。薬剤の種類によって効果・性質が様々。
特    徴  ハトが停まる場所に塗布することにより嫌悪感を与え、周囲に近づかなくなる。
最近は毒性の無い天然型忌避剤が主流。
設 置 箇 所 屋根・屋上、建物軒先、梁など

磁  石  当社扱っておりません
防 止 方 法 強力な磁石を利用して鳩の方向感覚を狂わせ、近づかせない方法。
特    徴  ワイヤーに組み込まれたタイプや装置上のタイプなど多種多様。
鳩の固体差により効果は推測不能。
設 置 箇 所 屋根・屋上、建物軒先など

音響方式 当社扱っておりません
防 止 方 法 爆発音の発生する装置を設置する。鳩を驚かせる。
特    徴  当初の効果はあるが、慣れによって次第に効果がなくなる場合がある。
設 置 箇 所 屋外、田畑

擬似鳥、目玉風船 当社扱っておりません
防 止 方 法 擬似鳥や目玉風船などの器具を対策箇所に設置し、視覚的作用で近づかせない方法。
特    徴  最も古典的な対策法。今ではほぼ効果が無いと言ってよい。
設 置 箇 所 ベランダ、田畑

超音波・赤外線・紫外線 当社扱っておりません
防 止 方 法 人には見えず鳥類に作用する光線や音波を利用して近づかせない方法。
専用の機器を対策箇所に設置する。
特    徴  対策箇所の状況により効果にバラつきがある。機器が大変高価な場合もある。
設 置 箇 所 屋外、田畑

捕獲・駆除 一部・提供サービス
防 止 方 法 住み着いている一定数の鳩を特殊な罠で捕獲し駆除(処分)する方法。
鳩の捕獲・駆除は鳥獣保護法により許可申請が必要であり、必要な手続きを行います。
特    徴  現場調査により一定数の捕獲申請を行い罠によって住み着いた鳩を捕獲する。
鳩の生息範囲や個体数により捕獲後の効果の度合いが異なる。
設 置 箇 所 複数の建物のエリア、地域、工場や倉庫などの敷地

2010年05月24日(Mon) 12:54

このページのトップへ △

 古い記事へ移動